福岡博多のパーソナルトレーニングジム「BCS(ビークス)」

電話番号
スタッフブログ
スタッフブログ

BCS(ビークス) ホームスタッフブログ

基準って変わるよね…というお話。

2017.1.19(木)

こんにちは!
福岡市博多区にあります、マンツーマントレーニングジム・ビークス、エグゼクティブディレクターの桝谷です。

131003sarasa
皆さんは10年前や20年前に教わったこと、学んだことは覚えてますか?
その覚えたこと、今でも使ってますか?


そして、覚えたことが変わってることには気づいていますか…?


過去の例を挙げると、まず血圧値。
『日本人間ドック学会の専門委員会が、受診者約150万人のうちの一定の病気にかかっておらず健康な約1万人のデータから、検査値の範囲を算定。これまで収縮期血圧は129以下、拡張期は84以下とされた数値は、収縮期147以下、拡張期94以下となった。』
(※日本経済新聞より)

そして砂糖の摂取量。
『世界保健機関(WHO)は、1日の摂取カロリーに砂糖などの糖類が占める割合を5%(25g程度)未満に抑えるよう呼びかける指針案を発表した。2002年に出された現行の指針では、糖分由来のカロリーは10%未満にすべきとされていた。』
(※CNNより)




さて、今回、2017年1月よりドーピング禁止薬物リストに加わったものがあります。


それがヒゲナミン


よく分からないし、なんだか面白そうな名前ですが。
(発見した当時、研究者がみなヒゲ面だったからという逸話。笑)

このヒゲナミン、
・血流量を増やすため、四肢の冷えを暖める
・気管の筋肉上に作用して、気管支を拡張する
・交感神経興奮
・多量摂取による筋肉増強
などが効果として挙げられます。


ここまでなら普通に『へー』と言って終わりなんですが…
ヒゲナミンって実は結構入ってるんですよね。
その代表が南天使用ののど飴です。
詳しいことはググってね(^^;



まぁでも…この出来事を受けて、個人的にはプロの競技者も見てるので注意は必要ですが、一般的には気にする必要のないものですよね。
むしろ、パフォーマンスやトレーニング効果が上がるなら、これもアリかな?
(トレーニング効果を上げるためにブラックコーヒー飲んでから、ということもありますし。)



そのうち、常識として『筋トレ前に飴を!』みたいな日が来るかも知れませんね☆



常に全力投球!
ゴウでした!