福岡博多のパーソナルトレーニングジム「BCS(ビークス)」

電話番号
スタッフブログ
スタッフブログ

BCS(ビークス) ホームスタッフブログ

食事と体温と運動と

2017.2.23(木)

こんにちは!
福岡市博多区にあります、マンツーマントレーニングジム・ビークス、エグゼクティブディレクターの桝谷です。

 

df0ea478ddc334061c9595abe245fc9a

身体って不思議なもので、やり方次第でプラスにもマイナスにもなるんですよね。




普通のトレーニングでもそうですし、特にストレッチなんかだと
一日の中で、いつやったら良いんですか?
という質問をよく受けるんですが、仮に一日中時間があるとすれば、別にいつでもいいです。
唯一、寝起きを除けば。 

起きてすぐは数時間横になってる状態で筋肉の動きが悪いし、何より深部体温が低い。
逆に運動しやすいのは16時。この時間に体温はピークになるんですね。

これが運動と体温の関係。




そして、同じくらい聞かれるのが
運動はご飯食べてからの方がいいのか、食べる前の方がいいのか
ということ。 

この場合どちらが正解、ではなく何を求めてるかなんですよね。
それぞれのメリット、デメリットを挙げると…

【運動前のご飯】
・少量の炭水化物だと即効性のエネルギーになり、パフォーマンスの発揮ができる。
・持久力が上がる。
・筋トレ前に摂ることで、筋肉の減少を防ぐことができる。
・多量摂取であったり、油分を摂ると100%のパフォーマンス発揮が難しくなる。

【運動後のご飯】
・筋トレ後のタンパク質摂取により、筋修復を早める。
・脂肪燃焼を早めることができる。
・疲労回復に役立つ。
・運動中の疲労が早くなる。


ケースバイケースであることが多いので、一般の方と、競技者の方でも違ってきます。
何を目的にしてるのか、どうしたいのか、を考えることですね。

これが運動と食事の関係。





もっと言うと、食事をすると体温が上がります。
食事誘発性熱産生と言って、ご飯を食べるだけでエネルギーを使い、発熱するのです。

これが食事と体温の関係です。




三者の関係は簡単なようで複雑。
でも、複雑なようで簡単。



よく分からないとき、自分の場合はどうしたらいいのか考えるとき、そんなときはぜひ頼ってください。
一緒に答えを見つけましょう!





常に全力投球!
ゴウでした!